施工事例

サイディング塗装工事

先月、工務店からサイディング外壁の塗装依頼を受けて、足場・外壁塗装・屋根塗装・コーキング打ち替え・FRP防水の一式工事を当社で行いました。

事前の現場打ち合わせを施主様・監督・私で行いました。

築13年の一階既存サイディング壁・二階モルタル壁です。

現状壁状況は、石彫タイル風サイディング壁でした。

施主様の希望は現状の風合いを維持したいとの事です。

一色塗り潰しにするほどのサイディング模様劣化は見られないので、埃・カビ・苔などは高圧洗浄で十分塗装面は作れる状態に出来るので、UVプロテクトクリアーの仕様で決まりました。

壁ジョイント部のコーキングは打ち替えをし、窓・ドア・フード周り・壁貫通している配管周りなどの開口部のコーキングは、増し打ちです。

各所の色番号も決まり、工場スタートです。

各所の塗装は1週間ほどで問題なく進み、残りはコーキングの打ち替えのみになり、明日は足場解体になると考えていました。

コーキング打ちを始めると周りの壁色との不似合いな色に職長から私の方に連絡が入りました。

職長「いま、打ち出したんだけど、この色どうなの?明るすぎないか?」と、

私は現場の写真を携帯に送らせて確認しました。

私「確かに明る過ぎる、依頼内容と監督に確認する。」と伝え、

監督にこの写真を送り確認してもらったところ、

監督「うーん、明るすぎる。色変更できる?」

私「まだ打ち替え始めたばかりなので、工事はストップします。メーカーに確認します。」

もちろん事前の現場打ち合わせで決めた色番号は、間違いありません。カタログをみてこれがベストだと思い決めた色番号でしたが、予想外に明るく見えてしまったので、工事をストップして、メーカーに無理を言って、バラ売り4色を発送してもらい、板にサンプルを作りました。

このように、4色実際サンプル(1番左の板上は、発注した色)を作り、決めなおしてから再発注して3日後に再開して完了しました。

仕上がり外観は、施主様・監督・職長・私も大満足する仕上がりになりました。

この様な、タイル調サイディングは、どの色のタイル合わせるかでイメージが変わってしまうと言う事を改めて認識しました。

今回の事は、工程工期もあり、材料も指定して発注納品されて、いざ仕事スタートしたにもかかわらず、色のバランスに気が付き確認をした職長とストップ指示をした私(笑)、監督も変えれるなら変えたいと決めた判断が、満足のいく仕上がりになったと思います。施主様は、どちらでも良かったかもしれません。私は、たまに街中でコーキング色が不似合いの塗装壁を見かける事もあります。しかし機能性能には全く問題ありません。見栄えだけの問題ですが、色を生業としている私達が満足しないと面白くありません。


塗装工事

今回、東松山市S邸の塗装工事を頂きました。

足場(単管)組みと、屋根塗装です。

コロニアル(スレート)屋根の10年位前塗装済みの再塗装の仕事です。

この現場調査時には、大屋根、下屋根は無塗装と聞いていましたが、足場を組みおわり大屋根から高圧洗浄を始めた時に、塗装済みの屋根だと気付きました。(下屋根は無塗装でした。)10年前の塗膜なので苔などはありましたが、ぱっと見は、気づかないくらい塗膜剥離の無い状態の良い状況でした。

 

 


この写真は、今回の屋根塗装現場で高圧洗浄をしている途中の写真です。
良い塗装は、塗装したあとでも塗膜の剥がれがないと言う事がよく分かります。白く玉にはがれているところは、苔が塗膜を侵食した物もあるし、施工後10年以上経ち紫外線などの影響による経年劣化です。しっかりとした洗浄、スレート繋ぎの縁切りも必要ない塗り方。
当社で施工した現場ですが、当時の施工した職人の腕が伝わります。指導している塗り方が、間違いないと確信しました。

 


この写真は、以前見積り依頼を受けて現場調査した時の写真です。数年前に塗装したようですが、塗膜の艶が何ヶ所か確認出来る事から、経年劣化でこうなったとは思えません。塗膜は生きていますが、塗膜の下から苔が出ている事から下地処理(高圧洗浄)がしっかりしていなかったと思います。長く塗装業を営んでいるとこの様な状況の屋根塗装の依頼も受けます。

 

この様な屋根塗装施工方法は、

1 高圧洗浄で、細かく洗浄し、苔や埃と弱くなっている塗膜ごと落とします。

2 それでも残る塗膜片などは、カップワイヤーグラインダーケレンをして剥離します。

3 一番大事な施工として、塗りかえ用の水性フィーラーを下塗り材として使用します。溶剤下塗りを使うと弱くなっている塗膜を溶かしてしまいます。あえて水性フィーラーを塗り、旧塗膜と新塗膜との縁切りをする事が非常に大事な、工程です。

4 仕上げ材料は、屋根用(耐候性の強い)2液溶剤塗料で施工します。


今日から、はじめます。

約1年半くらい前に、このホームページ制作を行う会社から「会社のホームページを作りませんか?」と営業電話がありました。

以前から当社はハローワークには社員・職人募集を広告している事から、この手の営業電話は沢山あり、興味はありましたがタイミングが合わず断る事が大半でしたが、たまたまタイミングとホームページ制作会社シェアの飯田さんとの話に共感する事があり、これを機にホームページを立ち上げる事を決意し、現在に至ります。

私の気持ちは、ホームページを作るからには、

☆同業他社には無いホームページを配信したい気持ち。

☆ブログなどのインフォメーション的な更新などを定期的に行い、死んだホームページにしたくない気持ち。

☆下請け工事がメインなのに、会社名を出して営業して問題ないものかと言う意見。

という気持ちから、ホームページ制作と言う重い腰を上げることがなかなか出来ませんでした。

 

出来上がった結果は、

当社の仕事に対する考え方は、下請けでも自受けでも変わりません。つたない文章ですが書けたと思います。

が、掲載中の写真はホームページ制作期限に間に合わせないといけないと言うので、とりあえず選び掲載した評価70点の出来栄えです。勿論掲載後は変更や更新は可能です。しかし配信してから1年以上経ちましたが、未だに変更できていません(汗)。

最悪なのは、去年出来上がってから、1度もブログ的な定期更新をしていない死んだホームページにしてしまった事です(泣)。

言い訳は、たまたまホームページにもタグがありますが、塗装便利グッズ制作の忙しくなる時期と、かぶってしまった事(先に発明商品制作を進めていました)や現場仕事の忙しさなどもあり、その次にホームページとなると、zzz(( _ _ ))..zzzZZ。

 

この言い訳とホームページ運営は、全く関係のない話で、やっと重い腰を上げてたのに、せっかくお金を掛けて制作したのに、今まで何も手を出していませんでした。_| ̄|○

 

このホームページ配信後は、様々な営業会社(先物取引・オフィス機器・金融・求人掲載などなど)から電話は沢山来ます。とりあえず間に合ってますとお断りしますが笑

当社で希望する仕事依頼と求人募集などの話は全くゼロでした(ー ー;)

 

しかし、最近「ホームページを見たのですが、見積りして貰えますか?」と言う、ありがたい電話1回とメールから依頼1回ありました。

便利グッズ発明商品の開発・制作も90パーセント完了しました。

そして、ホームページ制作会社から、1年のサービス期間が終わったので、月々のサポート代金が上がりますとの連絡もありました(この事が一番のキッカケかも知れませんが笑)

 

の様な事は、ここ1カ月間の事です。

これを機に、新たにホームページを動かして見ようと奮起しました。ゆっくりでも、ホームページを作り直して始めてみようと思います。

普通の塗り替え前、後の様な話しは、つまらないので、当社で依頼を受けた現場の珍しい事例や、難しい事例、施工していて起きたイレギュラー的な事例などをもちろん匿名の場所や現場ですが、どのような事があり、どの様に当社で可能な処理をしたか(念頭にある事は施主様から塗装工事依頼受けて施主様が1番望む様にする事が大前提)を当社顧客様の迷惑にならない様に、載せてみようかと思います。

どんな事に、なろうともお金を出す施主様は、悪くないと言う考え方。その時の施工方法が悪く、後に問題になっても施主様には、非は有りません。常に最善を尽くして施工しているので、後に問題が出てきた時は、当時の施工方法に問題があると考えます。その様な事例もブログに載せて行きたいと思います。

 という内容の文章を3ヶ月前に書いたのに…

もう、3ヶ月も過ぎてしまっている(大汗)


妙見堂にて木部塗装のご依頼をいただきました

本日は妙見堂様から木部塗装のご依頼をいただきました。
建物自体に塗装をする前に補修をしたりして、万全の体制でキレイに仕上がるようにいたしました。

まずは補修風景ですね


この作業を丁寧にすることで仕上がりも歴然と変わります。

では、塗装を行っていきましょう

こんな感じで、傷の跡とかもわからないくらいにキレイに仕上がりましたね!

当社では、住宅のみならずこういった建物の施工も行っております!
もし、塗装をお考えの際は一度当社までお気軽にご相談ください。

では、また次回のブログもご覧いただけると幸いです。