施工事例

木部専用の塗料

今年の4月下旬頃から、新型コロナウイルス感染予防の為の営業自粛の波が建築関係にも影響が出てきました。

当社受注工事も半分以下になり、暇になる予定が数日間出そうな状況になったので、過去の自社受注物件を見廻る事にしました。

 

 

五年前に埼玉県騎西町の当時築12年の完全木造建築の木部外壁塗装工事を施工しました。

広い敷地に大きな母屋と蔵と倉庫件駐車場の3件の同時施工を受注させていただきました。

工期は2か月程です。

現場調査時おそらく12年前の新築当時は何らかの防腐剤入りのクリアー木部保護塗料を塗布していると思われ、12年間の経年劣化による日焼け・カビ・シミなどが多数有り、大きいお宅でしたので、どの様に施工するか、悩みました。

白木のイメージを残すには、薬品灰汁洗い洗浄をして、木部の日焼けや、シミを落としてから、クリアー木部保護塗料で仕上げる事が良いと思いますが、施工面積がかなり有る事で、塗装前の下地処理代で倍以上の金額と工期がかかる事から、灰汁洗いは無しで、現在有る焼けやシミなどが隠れる様に現状より濃く染める仕様の提案をしました。

使用材料は、基本木部は、水分吸収や乾燥による伸縮膨張を繰り返すので、木部専用の塗料で、塗膜を作るのではなく浸透させる塗料を選び、防カビ防藻効果もあり、色も染められる材料を提案しました。

5年経過した今年の5月どの様な状況になっているか不安50%自信50%の中(笑)確認しに伺いました。

 

 

結果は、驚くほど状態が良く感動しました。

 

 

選定下材料は、母屋には〈和信 ガードラックアクア〉を塗装して、蔵と倉庫件駐車場の下見板木部には、〈大阪ガスケミカル キシラデコールコンゾラン〉を塗装しました。

それぞれの使用材料を変えた理由は、母屋に使っている木材と蔵・倉庫件駐車場に使っている木材が違う事で木部表面の痛み方が母屋に比べて日焼けやシミが酷かったので、より濃く染まるキシラデコールコンゾランを塗装しました。

 

 

〈当社5年前施工後の現場調査時〉

ここの戸袋箇所が5年前は特に色あせが激しい箇所でした。ピンボケ失礼

〈当社5年前施工後の現場調査時〉

ドア取手周りは、どうしても爪があたるので、5年間毎日を積み重ねると、この様な剥がれ方になってしまいます。

五年前の施工前から、日当たり良い箇所の木部表面塗膜劣化状況のひどい箇所は流石に色褪せが有りましたのでその箇所だけ、「お代は要りませんので、直させてくだい。」と施主様にお願いをして、2日間かけて補修をしました。当日洗浄をしてホコリ、カビを落とし、翌日軽くスコッチケレンをして、同じ材料の二回塗りで完全修復できました。

〈補修後〉

この塗料の良い所は、塗膜の痛み方がペンキと違い塗膜が割れる事や膨れる事がなく、補修の塗装が簡単に出来る事です。

施主様も、5年経過しても美観は損なわれず満足して頂いて居ましたが、日当たりが良すぎる南面の一部は、仕方ない事と言われましたが、今回の補修に伺い施工した事に感謝され、施主様の方からせっかくだからと、室内のカウンター塗装を依頼され外の補修の合間にできる仕事を頂きました。

 

 

〈カウンター仕上がり〉

外部の仕様とは違い調色色付け後ニス仕上げ

 

外部ウッドデッキや、外部生地仕上げの木部の塗装には、是非この材料を推奨します。


ブログ再開

「定期的にブログをアップしないと」

と考えていた4月頃から、新型コロナウイルスの感染が日本中に徐々に広がってきていた頃、当社への仕事受注にも、影響が出てきていました。

6月に入ると、徐々に周りの建築関係も動き出し今現在は完全に復活をして、むしろ去年よりお陰様で好調な実績を上げています。

が、前回ブログから、はや6か月も経ち、ブログネタは溜まっているのですが私の5月頃は、

「世の中こんな時期だしブログは、まだいいか・・・」

から、678月・・と過ぎ

「そろそろブログやらないと・・汗」

なかなかブログ更新に着手せずに怠けてしまい、今日に至ります。

今日から、定期的にブログ更新に努めます。m(._.)m


エレガンストーン2段目地工法

世田谷区の施主様から、一部窓周りのイメージを変えたいらしく、当社が新築施工当時に塗装工事の依頼を受け、いま現在もお付き合いのある工務店にリフォーム依頼が来ました。

当社は、窓周りの塗装と一部門塀に以前気がついたらぶつけられていたと言う、門塀壁の一部補修工事の依頼を受けました。

当時の塗装仕様は、建物の正面と電動シャッター車庫の門柱梁に高級仕様の石材調エレガンストーンの2段目地工法で、塗装をして、他3面は弾性セラミソフトスタッコの仕様でした。

当社の施工履歴を調べると13年前に施工してました。

ちなみに、エレガンストーン2段目地工法の工程は、

1日目 目地色下塗り

2日目 乾燥後目地割の墨出し、目地棒貼り

3日目 エレガンストーン1回目吹き付け直後にコテで平滑化

4日目 乾燥後2段目用に目地棒二重貼り、エレガンストーン2回目パターン吹き付け

5日目 乾燥後目地棒を撤去してから、クリアー塗装2回

の5行程かかり、わたしの塗装人生(まだ23年ですが汗)で1段目地工法は、数回施工しましたが2段目地工法は、、この現場と、昔当社が暇になった時に自宅を塗り替えた時の2回だけです。街を見てもビルのエントランス周りでは、数回見た事はあるくらいで、なかなかお目にかかりません。

この、エレガンストーン工法の仕上がりの風合いは、現在ある塗装の工法の中で私は1番高級感のある仕上がり方だと思っています。高価で、技術の必要な仕様ですが、建物4面にエレガンストーンを施工する必要は無いと思います。玄関周りや、門柱や門塀などのアクセントだけで十分な工法だと思います。当社で依頼を受けた時に施主様におススメする事は多々あります。

世田谷区現場の話に戻ります。
13年前の塗装工事ですが、今まで施主様からのクレームは無いですし、どの様に外壁が経年劣化しているものか、多少の不安はありましたが現場調査した所、エレガンスストーン塗膜の全く年数を感じない状態に満足しました。正面以外の3面スタッコ塗膜は、ホコリや雨染みなどは、見られましたがクラックや塗膜剥がれなどは皆無で、益々自信になりました。

見積り打合せ後の施工は、窓周りはタイル貼りになり、エレガンストーンのぶつけられて削れた門柱一部の補修のみになりました。

 

〈補修作業写真  施工前〉

 

〈凹み穴埋め後 エレガンストーンコテ塗り〉

 

〈補修部吹き付け 完了〉

 

塗り壁の補修は、年数が経つと色あせが出てしまい補修でも見栄えのために見切りの良いところまで塗る事はありますが、この材料は色褪せが少ない事が13年前に施工したにも関わらず、この様に収める事が出来たことで、よく分かりました。しかし見た目はきれいな状態でも他のサイディング壁やタイル壁などと同じように直射日光や雨風のダメージはあるはずです。

見た目は綺麗でも、10年単位のメンテナンスは酷くなる前の施工の方が安価で済むと思います。

 


下塗り材の選定と乾燥時間

 

サイディング塗装工事の依頼を受けて現場調査に向かいました。

 

現場の第一印象は、

《えっ?この家?塗り替え後そんな年数たってないだろ?》

でしたが、施主様にお会いして、

施主様「五年前に塗装工事業者に依頼しました。こちらの面は全く問題ないのですが、裏の面を見て欲しい」

と言われ、見にいくと酷さに驚きました。

 

 

 

この状況は、当社で依頼を受けた現場の過去のワースト3に入るくらいの酷さです。

この状態が西面40㎡の内30%くらいまばらに起きていました。

3面は全く問題ないのに西面だけこの状況に考えられる事は、

1 下塗り材の選定

塗装前の塗膜がどの様な状態かによって、水性か溶剤か選びます。この現場は塗り替え当時サイディング壁の1回目の塗装だったらしく既存塗膜は良好です。

ですが、サイディングによっては溶剤下塗りで溶かす物も稀にあるので、試し塗りで確認は必要です。

この現場は問題なかったので、4面溶剤下塗りで施工したのでしょう。

下塗り材の選定は問題無いと思います。

余談ですが最近だと1回塗り替え工事入った10年後2回目の塗装工事依頼もあります。その様な時は溶剤下塗り材が良くない時があるので、水性下塗り材を使用します。

 

2  下塗り材の乾燥時間

西面以外全く問題無いと言うことは、西面だけ下塗りの乾燥が不十分で中塗り上塗りを施工してしまったと考えます。下塗り乾燥が不十分で中塗り上塗りでフタをしてしまった事で、揮発しきれていない溶剤が、上塗りの揮発膨れを起こします。膨れた塗膜が破れ雨で漏水し苔、カビを塗膜の中で繁殖させサイディングを痛め、腐らせる。

この状況は、塗膜後半年くらいで始まり5年かけてこの様な状態にまでなってしまったと考えます。

外壁の塗装(木部・鉄部は除く)が、1年で剥がれる事は施工に問題がなければありえない事です。施工業者にすぐ連絡をして対処させれば、この様な状態(下記写真)になる前に防げていた事です。

 

塗装では、完全に直せません。幸いサイディング中の柱、梁まで腐ってなかった事で、施主様と相談をし、サイディング交換すると高額になる事からこれ以上腐食が進行しない様に不良塗膜は完全に除去して、隙間にはシールで補強して、塗装をしました。


サイディング塗装工事

先月、工務店からサイディング外壁の塗装依頼を受けて、足場・外壁塗装・屋根塗装・コーキング打ち替え・FRP防水の一式工事を当社で行いました。

事前の現場打ち合わせを施主様・監督・私で行いました。

築13年の一階既存サイディング壁・二階モルタル壁です。

現状壁状況は、石彫タイル風サイディング壁でした。

施主様の希望は現状の風合いを維持したいとの事です。

一色塗り潰しにするほどのサイディング模様劣化は見られないので、埃・カビ・苔などは高圧洗浄で十分塗装面は作れる状態に出来るので、UVプロテクトクリアーの仕様で決まりました。

壁ジョイント部のコーキングは打ち替えをし、窓・ドア・フード周り・壁貫通している配管周りなどの開口部のコーキングは、増し打ちです。

各所の色番号も決まり、工場スタートです。

各所の塗装は1週間ほどで問題なく進み、残りはコーキングの打ち替えのみになり、明日は足場解体になると考えていました。

コーキング打ちを始めると周りの壁色との不似合いな色に職長から私の方に連絡が入りました。

職長「いま、打ち出したんだけど、この色どうなの?明るすぎないか?」と、

私は現場の写真を携帯に送らせて確認しました。

私「確かに明る過ぎる、依頼内容と監督に確認する。」と伝え、

監督にこの写真を送り確認してもらったところ、

監督「うーん、明るすぎる。色変更できる?」

私「まだ打ち替え始めたばかりなので、工事はストップします。メーカーに確認します。」

もちろん事前の現場打ち合わせで決めた色番号は、間違いありません。カタログをみてこれがベストだと思い決めた色番号でしたが、予想外に明るく見えてしまったので、工事をストップして、メーカーに無理を言って、バラ売り4色を発送してもらい、板にサンプルを作りました。

このように、4色実際サンプル(1番左の板上は、発注した色)を作り、決めなおしてから再発注して3日後に再開して完了しました。

仕上がり外観は、施主様・監督・職長・私も大満足する仕上がりになりました。

この様な、タイル調サイディングは、どの色のタイル合わせるかでイメージが変わってしまうと言う事を改めて認識しました。

今回の事は、工程工期もあり、材料も指定して発注納品されて、いざ仕事スタートしたにもかかわらず、色のバランスに気が付き確認をした職長とストップ指示をした私(笑)、監督も変えれるなら変えたいと決めた判断が、満足のいく仕上がりになったと思います。施主様は、どちらでも良かったかもしれません。私は、たまに街中でコーキング色が不似合いの塗装壁を見かける事もあります。しかし機能性能には全く問題ありません。見栄えだけの問題ですが、色を生業としている私達が満足しないと面白くありません。


塗装工事

今回、東松山市S邸の塗装工事を頂きました。

足場(単管)組みと、屋根塗装です。

コロニアル(スレート)屋根の10年位前塗装済みの再塗装の仕事です。

この現場調査時には、大屋根、下屋根は無塗装と聞いていましたが、足場を組みおわり大屋根から高圧洗浄を始めた時に、塗装済みの屋根だと気付きました。(下屋根は無塗装でした。)10年前の塗膜なので苔などはありましたが、ぱっと見は、気づかないくらい塗膜剥離の無い状態の良い状況でした。

 

 


この写真は、今回の屋根塗装現場で高圧洗浄をしている途中の写真です。
良い塗装は、塗装したあとでも塗膜の剥がれがないと言う事がよく分かります。白く玉にはがれているところは、苔が塗膜を侵食した物もあるし、施工後10年以上経ち紫外線などの影響による経年劣化です。しっかりとした洗浄、スレート繋ぎの縁切りも必要ない塗り方。
当社で施工した現場ですが、当時の施工した職人の腕が伝わります。指導している塗り方が、間違いないと確信しました。

 


この写真は、以前見積り依頼を受けて現場調査した時の写真です。数年前に塗装したようですが、塗膜の艶が何ヶ所か確認出来る事から、経年劣化でこうなったとは思えません。塗膜は生きていますが、塗膜の下から苔が出ている事から下地処理(高圧洗浄)がしっかりしていなかったと思います。長く塗装業を営んでいるとこの様な状況の屋根塗装の依頼も受けます。

 

この様な屋根塗装施工方法は、

1 高圧洗浄で、細かく洗浄し、苔や埃と弱くなっている塗膜ごと落とします。

2 それでも残る塗膜片などは、カップワイヤーグラインダーケレンをして剥離します。

3 一番大事な施工として、塗りかえ用の水性フィーラーを下塗り材として使用します。溶剤下塗りを使うと弱くなっている塗膜を溶かしてしまいます。あえて水性フィーラーを塗り、旧塗膜と新塗膜との縁切りをする事が非常に大事な、工程です。

4 仕上げ材料は、屋根用(耐候性の強い)2液溶剤塗料で施工します。


今日から、はじめます。

約1年半くらい前に、このホームページ制作を行う会社から「会社のホームページを作りませんか?」と営業電話がありました。

以前から当社はハローワークには社員・職人募集を広告している事から、この手の営業電話は沢山あり、興味はありましたがタイミングが合わず断る事が大半でしたが、たまたまタイミングとホームページ制作会社シェアの飯田さんとの話に共感する事があり、これを機にホームページを立ち上げる事を決意し、現在に至ります。

私の気持ちは、ホームページを作るからには、

☆同業他社には無いホームページを配信したい気持ち。

☆ブログなどのインフォメーション的な更新などを定期的に行い、死んだホームページにしたくない気持ち。

☆下請け工事がメインなのに、会社名を出して営業して問題ないものかと言う意見。

という気持ちから、ホームページ制作と言う重い腰を上げることがなかなか出来ませんでした。

 

出来上がった結果は、

当社の仕事に対する考え方は、下請けでも自受けでも変わりません。つたない文章ですが書けたと思います。

が、掲載中の写真はホームページ制作期限に間に合わせないといけないと言うので、とりあえず選び掲載した評価70点の出来栄えです。勿論掲載後は変更や更新は可能です。しかし配信してから1年以上経ちましたが、未だに変更できていません(汗)。

最悪なのは、去年出来上がってから、1度もブログ的な定期更新をしていない死んだホームページにしてしまった事です(泣)。

言い訳は、たまたまホームページにもタグがありますが、塗装便利グッズ制作の忙しくなる時期と、かぶってしまった事(先に発明商品制作を進めていました)や現場仕事の忙しさなどもあり、その次にホームページとなると、zzz(( _ _ ))..zzzZZ。

 

この言い訳とホームページ運営は、全く関係のない話で、やっと重い腰を上げてたのに、せっかくお金を掛けて制作したのに、今まで何も手を出していませんでした。_| ̄|○

 

このホームページ配信後は、様々な営業会社(先物取引・オフィス機器・金融・求人掲載などなど)から電話は沢山来ます。とりあえず間に合ってますとお断りしますが笑

当社で希望する仕事依頼と求人募集などの話は全くゼロでした(ー ー;)

 

しかし、最近「ホームページを見たのですが、見積りして貰えますか?」と言う、ありがたい電話1回とメールから依頼1回ありました。

便利グッズ発明商品の開発・制作も90パーセント完了しました。

そして、ホームページ制作会社から、1年のサービス期間が終わったので、月々のサポート代金が上がりますとの連絡もありました(この事が一番のキッカケかも知れませんが笑)

 

の様な事は、ここ1カ月間の事です。

これを機に、新たにホームページを動かして見ようと奮起しました。ゆっくりでも、ホームページを作り直して始めてみようと思います。

普通の塗り替え前、後の様な話しは、つまらないので、当社で依頼を受けた現場の珍しい事例や、難しい事例、施工していて起きたイレギュラー的な事例などをもちろん匿名の場所や現場ですが、どのような事があり、どの様に当社で可能な処理をしたか(念頭にある事は施主様から塗装工事依頼受けて施主様が1番望む様にする事が大前提)を当社顧客様の迷惑にならない様に、載せてみようかと思います。

どんな事に、なろうともお金を出す施主様は、悪くないと言う考え方。その時の施工方法が悪く、後に問題になっても施主様には、非は有りません。常に最善を尽くして施工しているので、後に問題が出てきた時は、当時の施工方法に問題があると考えます。その様な事例もブログに載せて行きたいと思います。

 という内容の文章を3ヶ月前に書いたのに…

もう、3ヶ月も過ぎてしまっている(大汗)


妙見堂にて木部塗装のご依頼をいただきました

本日は妙見堂様から木部塗装のご依頼をいただきました。
建物自体に塗装をする前に補修をしたりして、万全の体制でキレイに仕上がるようにいたしました。

まずは補修風景ですね


この作業を丁寧にすることで仕上がりも歴然と変わります。

では、塗装を行っていきましょう

こんな感じで、傷の跡とかもわからないくらいにキレイに仕上がりましたね!

当社では、住宅のみならずこういった建物の施工も行っております!
もし、塗装をお考えの際は一度当社までお気軽にご相談ください。

では、また次回のブログもご覧いただけると幸いです。