ドア・木部塗装

木造住宅や木造建築と言われているように、建物には多くの木材が用いられています。
こういった建物に塗装に対応できるよう、当社では木部の塗装も承っています。

外壁や鉄部とは異なり、木材はその素材の特徴から、選ばれる塗料や仕上げの種類もたくさん。

当社にご相談いただければ、木材の特徴に合わせて最適な塗装をお届けいたします。

また、塗料には自然由来成分で出来たものもあるため、シックハウスやアレルギーに敏感な方にも、居心地の良い空間をお届けできます。

その他、ご要望があればあれば灰汁洗いも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

木材の特徴

・ 調湿機能による伸縮性
・ 生活に身近な場所で使用される
・ 木目の意匠性

上記の気によって異なる3つの特徴から、塗料の種類や仕上げ方がいくつか存在します。
調湿機能を妨げない「浸透型塗料」、木目を活かした「クリアー仕上げ」、木目を消さずに着色される半透明の「着色仕上げ」など、どこを重視するかを選ぶことが可能です。

木部塗料のタイプと種類

■ 造膜タイプ

木材表面に塗膜をつくるため、耐水性・耐久性が高い点が特徴。
一方で、木材の質感が失われたり、塗膜の割れや膨れを引き起こすため、メンテナンス性が良くないといったデメリットもあります。

主な塗料の種類

【合成樹脂塗料】
・油性調合ペイント
・合成樹脂調合ペイント
・フタル酸樹脂塗料
・アクリル樹脂塗料
・ウレタン樹脂塗料

【天然樹脂塗料】
・漆
・カシュー塗料
・セラック樹脂塗料
・自然塗料

■ 含浸タイプ

撥水性や防カビ性を備えており表面に塗膜をつくらないため、造膜タイプよりも耐水性・耐久性は劣ります。
しかし、塗膜の剥がれや膨れといった症状が出ないため、重ね塗りでメンテナンスがしやすいのが特徴です。

主な塗料の種類

【石油化学合成塗料】
・木材保護着色塗料

【天然油脂塗料】
・柿渋
・自然塗料

一覧ページに戻る