防水工事

こんな症状を見つけたら要注意!改修のサイン

防水工事のサイクルは約10年が目安だと言われています。
その時期を逃してしまうと劣化が進み、お住まいへの致命的な浸水経路になってしまうことも。
下記のような症状を発見したら、早急に防水工事が必要な時期です。

□水たまりができている
□床にひび割れができている
□塗料に剥がれがみられる
□軒の天井にシミがある
□サビやコケが発生している など

見落としがちなベランダ・外階段にも、万全の防水対策を!

防水が必要なのは、外壁や屋根だけだと思っていませんか?
常に雨や紫外線にさらされるベランダやバルコニーも、劣化の進みやすいところなので要注意です。
また、マンションなら外階段や外廊下、屋上などにも対策が必要です。

1階から見上げた時に、ベランダに染みやカビ汚れができている、床にひび割れができている、といった場合は早急に工事をご依頼ください。

当社では「ウレタン防水」や「FRP防水」といった、塗膜防水を中心に取り扱っています。
ウレタン防水は最もポピュラーな防水工法で、凹凸のある複雑な形状にも対応できるのが、人気の秘密。
一方FRP防水は「繊維強化プラスチック」を原料としており、重歩行も可能な強度の高い防水層が実現します。

水に負けない強い防水層をつくることで、屋上やベランダ部分の劣化を防止。
美しい見た目と高い耐久性でお客様の大切な資産を守り、長く住める住まいを実現します。

一覧ページに戻る